眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 30日

灰地に白

f0016815_23485564.jpg


旅の欲求は本能にプログラムされてるのかも、と思うことがよくある。定住の欲求も。

at Tokushima



 
[PR]

# by enpou | 2012-08-30 23:56
2012年 08月 24日

ash/colorful

f0016815_9391972.jpg

リハビリがてら、気のむくままに写真を撮って見返すと、やっぱり無意識に灰色のものばかりを追っている。

東京にはよく来ても浅草にはなかなか来ない。
修学旅行以来20年ぶりの浅草は、路上に溢れる時間の堆積が、観光地としてきちんと手入れされている部分と、ほったらかしの部分のコントラストがけっこう凄くて、すっかり路上観察学モード。

at Asakusa,Tokyo




 
[PR]

# by enpou | 2012-08-24 09:46
2012年 08月 16日

ash/green

f0016815_15165365.jpg


volcanic ash,telephone box.
火山灰の描く軌跡、堆積がそこらじゅうに。眼に見えない空気の流れが可視化される街。

at Kagoshima city
[PR]

# by enpou | 2012-08-16 15:19
2012年 08月 16日

ash/gray


f0016815_041923.jpg


灰色が好きなのかもしれない、と最近よく思う。灰色、の中の、無限の階層。
灰が降りそそぐ街で、乾いた灰、湿った灰、濡れた灰、空気を覆う灰、の作る光景。
冬の舞鶴で白の無限の階層を味わった感動が残っているうちに、鹿児島で灰色をみつめることができて、眼福でありました。

灰色の差を観てニヤニヤしてる観光客とか、見た目、変だろうな。

Sakurajima,KAGOSHIMA
[PR]

# by enpou | 2012-08-16 00:44
2012年 08月 09日

hakobune

f0016815_1463916.jpg


灰が降る街なんて想像もつかなかったけれど、灰が建物や地面を叩く高い音を聞きながら、目を細めて歩いた。美しい街でした。

山の中腹にぽつんとある建物は、私には方舟に見えるので、見つけると収集することにしています。
大小あって面白い。大型の方舟は近場だと箕面にすごい物件があります。あれは名船。船じゃないけど。
方舟系建物収集家とかになろうかしら。

最近は写真を撮るよりも、見る/考えることに寄っていたのですが、あらためて、見る/見せるスキルの地層を増やし、アンテナをより遠くのばすために、ゆっくり再開できればと思います。

at Sakurajima ,KAGOSHIMA





  
[PR]

# by enpou | 2012-08-09 02:08
2012年 05月 16日

灰色

f0016815_1821818.jpg

銀灰色の空にカラフルな万国旗。その裏に回ると、眩しい銀の波に歓迎されたけれど人気は無く、ほとんどの車が通過する灰色の町。一昨年10日くらい過ごしたけど、そういえば、すごくいろんなことを思い出す町だった。
あまり美しいところではないし、灰色の建物ばかりの退屈な景色だったけど、ときどき景色がとても心になじんだり、とてもイライラしたり、自然破壊に心を痛めたり、植物や昆虫の美しさが心にしみたりした。おそらく、育った町と似ているからだろう。空が広くて、遠くに都会があって、いろんなものが飛んでいた。
脳裏に焼き付いた原風景からは逃れられないのだろうし、年々そういう回帰体験を求めるようにもなった。トシですかね。

at Munmak,KOREA



   
[PR]

# by enpou | 2012-05-16 18:20
2012年 04月 24日

facebook

f0016815_16245771.jpg

ご無沙汰してしまってます。
春が来ると、いかに冬が苦手か思い知ります。いいなあ、春は。

最近はすっかりFaceBookで更新しています。
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001521427952

こちらも写真重視で時々更新できればと思います。
[PR]

# by enpou | 2012-04-24 16:26
2012年 02月 24日

つながり

f0016815_142968.jpg

横浜から帰って来て、翌日に京都でのショーケースを終え、5ヶ月くらい続いた忙しい日々が落ち着いたところです。
今まで時間がなくて出来なかったことと、これからやりたいことがいろいろの中、
そろそろ春か、ああまだ冬か、と一喜一憂するこの時期がけっこう好きです。

木ノ下歌舞伎「三番叟/娘道成寺」横浜滞在から京都公演にかけて、たくさんのすばらしいご縁を頂いて、つながりの大切さを実感しています。
またこの作品と旅が出来たらいいな、と祈りつつ。


建物の影が夕陽の景色をパノラマに切る光景、それが街にハマる時間帯は出来るだけいろんなところを歩き回ります。
お気に入りを探して歩くもんだから、まあよく迷子になること。

at Sakuragi-cho,Yokohama




 
[PR]

# by enpou | 2012-02-24 14:45
2012年 02月 13日

ホワイトアウト

f0016815_1603697.jpg


「白があるのではない。白いと感じる感受性があるのだ。だから白を探してはいけない。白いと感じる感じ方を探るのだ。白という感受性を探ることによって、僕らは普通の白よりももう少し白い白に意識を通わせることができるようになる。そして日本の文化の中に、驚くべき多様さで織り込まれている白に気付くことができる」p2
原研哉『白』(中央公論新社, 2008)

っていう本を帰洛そうそう取り出して一気読みしたくらい、舞鶴で出会った白い世界は生まれて初めての鮮やかさ。白とはなんだろうかと常々考えていたつもりだけど、こんなに白に満たされた毎日は初めてだったので感動的でした。

山に登っていた頃、とある雪渓でプチホワイトアウト状態を体験していらい、ウインタースポーツを無意識に避けて来たんですが、私の人生には雪景色は必要やったんやな、と思い直してます。

at Maizuru,Kyoto


 
[PR]

# by enpou | 2012-02-13 16:17
2012年 01月 26日

stadium

f0016815_12152884.jpg


元旦の国立競技場で応援できたのは、一生の思い出。負けちゃったけど…。
夫婦そろってスタジアムが好きなので、キョロキョロしては目を丸くして。

National statium,Tokyo
[PR]

# by enpou | 2012-01-26 12:20