眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 25日

観音

f0016815_135321.jpg

大阪、天六から歩いてしばらくの長柄橋南詰、繁く車の行き交う橋のたもとに、明倫観世音菩薩はあります。
先日、父の案内で、やっとこの観音さまに会いに行けました。

昭和20年6月7日、第3次大阪大空襲。
この長柄橋の下に避難していた約400人が米海軍艦載機の機銃掃射の犠牲になり、その爆撃は川水がぬるくなるほどの激しさだったそうです。被害者の大半は、女性と子供だったとのこと。

この観音さまは、犠牲者の鎮魂と供養のために、戦後の昭和32年に、私の祖父と、叔母の父が建てたもので、今でも毎年慰霊祭が行われているそうです。地元の人がていねいにお手入れされているのを感じる、立派な佇まいでした。
背景の住宅街や川岸の風景とも馴染んでいて、かっこいい景色になっています。
お参りできて、ほんとうによかった。ずっと残りますように。

激しい風雨の中、傘で風をそらしても、橋の上を歩くのは一苦労。
長柄橋は歩いて渡るのに10分くらいかかる、長い長い橋。

北詰から柴島駅までなんとか歩いたら、駅前の公民館の前に「ふれあい喫茶」という、手作り感あふれる看板が。
コーヒー好きの父は、わからんけど面白そうだから行ってみよう、と、たちまち入口を突破。
コーヒー好きの娘と夫は、どんな店やら予想がつかなかったので一瞬腰が引けたけれど、地域の陽気なシニアの皆さんに案内されて入ると、会議室。
文化祭のような香り。

長机をテーブルのように広くつなげてパイプ椅子で囲み、中央には花や砂糖やらが置かれて、
近所の人々が机を囲んで、がやがやとお茶をしていた。
なんだか面白い。
100円のコーヒーを頼むと、しばしして、おばちゃんたちが、トレーにコーヒーとお菓子を乗せて持ってきてくれた。
すごく良い。

いつもやってるんですか、と聞いたら、月に一度、最後の日曜だけだという。
幸運でした。
[PR]

by enpou | 2010-05-25 02:18
2010年 05月 21日

f0016815_1850145.jpg

男、と描いてあって、大和大路でひるんだ午後。
周りを見ても、意図は分からずじまいだった。
ずっとまえ、東福寺のあたりで、
「嫉妬」と描かれた落書きを見たときの気分を思い出した。
目に見えない人同士の何かが、路上にあらわれる。
[PR]

by enpou | 2010-05-21 18:50
2010年 05月 20日

砂場

f0016815_3363780.jpg

ひさびさに本を読みふけって、12FCのライブに行って、本の続きを読んで、電車を乗り過ごして、川のざあざあ流れる音を聞きながら、雨上がりのしっとりした夜を歩いた。

ライブはとても良くて、音楽を作れる人と暮らしているのがうれしくて、悔しくなった。
帰り道、塩小路の橋の上で、電灯をつけたままの電車が止まっていた。
終電はとうにすぎて、誰も乗っていないのに煌煌としているさまは、すごく横長な家のようにも見えて、
すごく横に連なった家とか、面白そうだな、と思った。

低空飛行からすこし高度を上げると、砂場は俯瞰した景色のよう。
[PR]

by enpou | 2010-05-20 03:43