眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 26日

逆噴射!

f0016815_2132496.jpg

箕面に来たのは、実に27、8年ぶりではないだろうか。

More
[PR]

by enpou | 2009-04-26 22:22
2009年 04月 25日

図書館

f0016815_2302931.jpg

- - - -
大阪にて。ここはなんばです。
おもしろい建物のつくる景色がたくさん残っているのに、それらは遠からず壊されるんだ、と、歩いていて突然焦った。
たいへんだ!歩かなくちゃ!

府立図書館に入り浸って、いろいろしらべもの。
最近まで府立図書館に入った事が無かったけど、これからは本腰を入れて入り浸りたいと思います。一日居たら、右手はキリキリとヒリヒリとして、耳からは活字がこぼれそうです。よのなかにはたまらん本がいっぱいあるなあ。
[PR]

by enpou | 2009-04-25 02:55
2009年 04月 18日

光採集

f0016815_1374941.jpg

電球の灯る刻まれた鏡で、全身がモンタージュ状態になるのを楽しみながら、地下鉄へ向かうことが出来るエスカレーター。

- - - -
大阪通い4日目くらい。通勤が長いと、音楽が聴けてよいな。
今週は特に目を酷使しているので、休ませるために目を閉じて乗っている。
本当はアイマスクがしたいけど、さすがに怪しいか。
目をつむっているのに、なぜか眠くならない。
[PR]

by enpou | 2009-04-18 01:03
2009年 04月 16日

高波

f0016815_3265871.jpg

昔はどうってことなかったような、理想と現実のズレ、
以前は凪ほどに感じていたことが、今や高波のようにかわしがたい。

味覚が変わってしまったみたいな感じで、簡単には受け入れがたくなっている。
いまのところ、
客観的に分析はできるし、
それは以外と楽しいんだけど、
ああ、
こうやって、
いろいろ好き嫌いのコントラストがはっきりしていって、
それを主張せずにはいられなくなって、
頑固な人間になっていくんだろうか。
フギャー

ならば、これは、ぜんぶひっくるめて、ひとつの長い音楽なのだ、と思うことにする。
[PR]

by enpou | 2009-04-16 03:35
2009年 04月 12日

4人の王さま

f0016815_1053663.jpg

だれかiPodのソリティアの消し方教えてください。やりすぎだよ。

しばし低空飛行しておりました。不景気にぞっとしたり。
勉強するぜ、と種を撒く年にしようと思います。

来週はひさびさに、ものすごくひさびさに、にぎやかな照明の仕事をします。
昔とは違う方法論が切り開けるかどうか。…

京都1ー0新潟。
今季ホーム初観戦。主要選手を欠くも、おもしろい布陣。しみじみとうれしい勝利でした。
パウリーニョの笑顔に泣きそうになった。長かったねえ…。
家を出るときに、うっかりオレンジ色の上着をはおってしまい、
「今日はオレンジはあかんて!相手カラーやん!」と鏡の自分に突っ込み、慌てて脱いだ。

昼、劇団チリアクタを劇研にて鑑賞。「テーブル席にはお茶が出る」。
客席のテーブル席に座ったらホントにお茶が出てきた。
女子4人芝居。まんがのジャンルでいうと白泉社っぽいところが個人的にはストライク。なぜか自分の高校時代を思い出した。
2階建ての舞台を組んでいるのに、そんなに多用されないあたりの、マッスルな作業量と現実とのギャップが笑えた。

低空飛行なところに気持ちのいい風が吹いてきて、ちょっと高度が増した気がする。桜が舞っている。
[PR]

by enpou | 2009-04-12 11:12
2009年 04月 09日

緑の楽園へ

f0016815_13414666.jpg

二羽の鳥、三たび。

桜の下で朝食を食べた。
川端通り沿いとはいえ、我が家の前の馬橋あたりまで北上すると、観光客もほとんど来ないので、とても贅沢な花見ができた。このときばかりは京都に住んでてラッキーだなあと思う。

昼下がりにもういちど散歩したら、鳩が二羽、石の上にいた。
くちばしで突っつき合ったり、空を見上げたりしている。じゃれあってるのか、ケンカしてるのかわからないけど、二羽並んだ鳩をぼんやり眺めるのは、不思議と穏やかな気分になるものだ。
あわい青空の日差しはやわらかく、水はつやつやと流れて、なにもかもきらきらとしていて、天国ってこんなんかな、こんなんやったらいいね、と思いながら、ちょっと木登りしてしまった。(半分くらい)

春は桜もいいけれど、若い緑色の美しさがたまらない。年々、その美しさが心にしみるようになってきている。大好きな5月、若緑色の月がもうすぐやってくる!

春だしね、と、Macを新調して、いろいろと自由が利くようになった。
便利になったぶん、欲望が渦巻いてしまい、とうとうiTunes storeに手を出してしまった。
罠だ。ワンクリックで曲が買えるのはほんとに危ない。片っ端から買ってしまいそうで怖い。
[PR]

by enpou | 2009-04-09 14:09
2009年 04月 07日

セーターをほどいて帽子をつくる

f0016815_1142931.jpg

春ですね。
夏までに、自分の過去の仕事を資料化することが必要になっていて、うーん、と唸っている。
舞台照明の作品資料を昔こころみたとき、写真や映像で残すのは違うなあ、とハナからあきらめていて、
コンセプトや技術的な構造について文章で残すのが一番だ、と思っていたのだけれど、(このブログに書き連ねるはずが、なかなか進んでいないんですが)人に説明するときに、目に見える資料がないと、そろそろもたなくなってきている。

インスタレーション作品や舞台作品を図版化した写真を見ると、実際よりカッコイイ風に見えちゃったり、実物の美しさとは程遠かったりすることがよくある。まあ、実際の作品は、空間と時間によって成り立つものなので、印象にギャップがあるのは仕方がない。写真は時間が映らないし、写真を見る人がどんな時間を想像しているかによって変わる。

資料写真、記録写真に見えるから違和感があるんだろうな。"写真で残す"という意識でなく、その舞台作品での仕事やインスタレーションを、写真作品として成立させる必要があるのだろう。その作品が解体されてしまった後にも独立して残せるような。
お気に入りだったセーターをほどいて帽子をつくるような感じだろうか。
[PR]

by enpou | 2009-04-07 00:01
2009年 04月 04日

てのひらのなかの平和

f0016815_111853.jpg

植物園の、ぐねぐねの木がとてもすごい。たぶんいまごろ花をつけているころかな。
なんでそう曲がろうと思ったんだろう、というくらいのぐねりっぷり。
植物をデザインする意思みたいなものがあるとしたら、どこに隠されているんだろう。
もしその意思みたいなものに会うことができたら、ぜひ話をしてみたい。聞きたいことありすぎだ。


- - - - - -
私の望む平和なんて、てのひらにおさまるくらいの、それでも、とてもかけがえのないものだと思う。
こわいことがおこらなければいいなあ。


今日はみんなと花見をした。うららかなよい一日でした。
[PR]

by enpou | 2009-04-04 01:14