眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 25日

f0016815_1626292.jpg

いつのまにか緑が青々として、良い季節になっている。
雨もあたたかいから平気。

たけのこと、山ふきを頂いたので炊いた。
春に旬を迎えるものって、なにもかも好物だ。とくに春らしい苦みのするもの。
旬の物を使い、自分で拵えて食べていると、大丈夫、と思える。
最近はお灸をはじめました。
身体は大事に。

SPECIAL OTHERS@メトロ。オールスタンディングで跳ねながら聴くなんて、何年ぶりだろうか。
すばらしく楽しかった。ピンク色のTシャツを買ってしまった。
そして今日はアバンギルドに行きます。
[PR]

by enpou | 2008-04-25 16:51
2008年 04月 13日

晴れ間

f0016815_2374974.jpg


大雨のなか、遠くから来た人々が帰っていった。心からの感謝をもらって、雨のなか、心は晴れ渡る。
ルールと表現の必要性の間、ぎりぎりの淵を歩いた先に見えた晴れ空。

彼らを見送った後、でっかくて多層で細かい図面と、パソコンでずっと格闘している。
もう一年くらいこねくりまわしている図面。ようやく来月花が咲く。

目が痛い。広いところへ行きたい、と昨日書いたけど、多分遠くが見たいのだな。
そうか、西京極か甲子園に行けば良いのか、とサッカー速報を見ながら思う。
ぼーっとはできんだろうけど。

事務所花便り。
ついにコスモスの芽が出ました。花水木が咲きました。
[PR]

by enpou | 2008-04-13 23:22
2008年 04月 12日

広いところに行きたい

f0016815_1324417.jpg

頭をからっぽにしてぼーっとする、ということが昔からほとんど出来ない。
そろそろちゃんと切り替えが出来るようになりたいなあ、と今日ふと思った。

それでも、海とか山とか、広いところに行けばすこしぼーっと出来る。
近頃は、あんまり遠いところには行きたくないけど、広いところには行きたい。
やっぱ大文字山か。
[PR]

by enpou | 2008-04-12 01:42
2008年 04月 09日

ヨソミスト

f0016815_18342951.jpg

4月はゆっくりするぞと思っていたら、いろいろ押し寄せてきていて、あまりゆっくりできてない。ううむ。

今年もまた、気がついたらソメイヨシノが散りつつあるけど、他にもいろいろ咲いているから、よそみばかりして危ない。30にもなって、桜がきれいやなあなんて言いながら上を向いて歩いてて、ほんとに転ぶ人がここにいますよ。ヨソミストですよ。

4月5月はただでさえ大忙しだ。
ユキヤナギはまだこぼれんばかりに咲いているし、もうすぐ山吹が咲くから松尾大社に行かなければならないし、かきつばたを見に太田神社に行かなければならないし、事務所の花水木も咲く。
なにより、芽吹いたばかりの若い緑や、冬越しの深緑の、無限のバリエーションが目に染みとおる季節。山に登りたいなあ。

こないだ蒔いた春蒔きの種はまだ芽を出さない。おーい、と呼ぶ。寝てるのかな?
[PR]

by enpou | 2008-04-09 19:00
2008年 04月 04日

花のながれる川

f0016815_11385542.jpg


1日、劇研花見に遅れて参加。小雨。
室内で花見をする事になってしまって、と相談すると、花屋のおじさんが桜の花束をつくってくれた。エイプリルフールなのに嘘をつくのを忘れて、弱音をいろいろはいていた。

2日、ピナ・バウシュ@びわ湖ホールを観る。
流れる川と、大きな岩。行き交う身体にとっては、随分サディスティックな環境のなか、カタコトの日本語テキストに笑いを含ませる事で、鋭利な棘を、やわらかな何かでくるむかのよう。男と女。身体にしたたる水が、動きの軌跡を描いて空中にしぶきを描くのが美しい。B席、4階ではらはらしながら席についたけど、遠巻きで逆に正解だった。

10年前に観たら怒って帰ってたかもね、うちらも大人になったのかね、長らくの友と笑いあう。その頃に抱えていた、表現をとらえる棘のようなものも、やわらかな何かに包み隠されてしまったのだろうか。よくわからない。
時間は大切にしなくちゃ、とより強く思うようにはなった。

帰り道、ヒールで長い距離を歩けない自分の身体能力に愕然とする。ああ全然大人になってない。

- - - - - -
花の流れる川。
私が菜の花だったらあんなふうに咲きたい。
春の川底に根を渡らせるなんて、すごく気持ち良さそうだ。
桜の写真は難しすぎて今日も挫折。
[PR]

by enpou | 2008-04-04 12:10
2008年 04月 01日

花工場/再会/川瀬巴水展

f0016815_10104134.jpg

満開だった東京の桜、日曜の雨でどうなったのか知らないまま、京都に帰り着きました。京都の夜は、春の装いでは凍えそうな寒さ。
行く前に事務所に植えたいろいろな種、まだ芽を出していない。蒔くのが早かったかな?

ゾネ東京公演と、川瀬巴水展
[PR]

by enpou | 2008-04-01 10:11