眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 30日

selfportrait

f0016815_1901564.jpg

12月、旅すがら湯飲みを買いに訪れた、常滑にて。
建物を撮ったつもりが、よく見ると自分が映っていた。
プレビューするまで気づかなかったという寝ぼけっぷり。
自分の行動には自覚を持ちましょう。

年末にやるべきことがあまり終わっていないまま、実家に帰ります。
良いお年を。
[PR]

by enpou | 2007-12-30 19:04
2007年 12月 27日

指の記憶

f0016815_23434415.jpg

冷え込んだ朝に出かけた、佐渡の北の果てにて。
水揚げされた鰤を冷やす氷が砕かれていて、冷気の中、溶ける予感もなくさらさらとしていた。

- - -
今日は8年ぶりくらいに、まともに鍵盤にさわった。
昔弾けた曲が全然弾けなくなっていて愕然としたけれど、音楽のために指を動かすのが新鮮で、ずっとうたたね状態だった脳の回路が目覚めるようだった。
私は忘れているのに指が覚えていたりして、勝手に過去と行き来をする。
嬉しいやら、怖いやら。
[PR]

by enpou | 2007-12-27 00:18
2007年 12月 24日

旅が終わる

f0016815_094231.jpg

旅暮らしも最終地、東京。
明日で千秋楽です。

長らく旅をしていると、ここはどこだ?という瞬間がよくある。
間に飛行機移動があると、空の移動は道のりというものを感じないから、なおさらだ。
もちろん、一緒に旅をしている人達は、一年の3分の2は国内外で旅暮らしだから、ここはどこだどころじゃないそうだ。

- - -
旅回りは都会ばかりだったので、どこもかしこも夜はイルミネーションだらけで驚いた。
LEDの光源は目の奥を刺す。
投光するLEDの光は好きだけど、光源は苦手だ。
京都で言うと、夜の河原町御池あたりは、目が痛くなるのでなるべく通らない事にしている。

街灯と、ほのかな装飾だけで、夜の街はじゅうぶんに美しかろうと思うのに、飾らずにはいられないようで、花火の季節のように、人だかりがいつまでも揺れている。
もともとクリスマスのイルミネーションというのは、祈りを含んだ光であるはずで、子供心にも聖なる雰囲気が心を満たしたのに、いつからかそうは感じなくなった。

いろいろ見ていると、出身県の欲目かもしれないけど、神戸ルミナリエが見たくなる。
存続の危機を常に抱えながら、募金や寄付で成り立っている。
人の多さには心底くたびれるけれど、あの見応えに、いつも納得のうえ募金箱に向かう。
震災の鎮魂だと知らない人が、その美しさで足を運んでそうと知るのなら、この先も続きますように、と思う。神戸の送り火。
[PR]

by enpou | 2007-12-24 00:34
2007年 12月 18日

加湿

f0016815_2353647.jpg

万国旗っぽい破れかた。朝日がジグザグを増やす。
- - -
明日から名古屋。その後、東京へ。
途中、ホテルの乾燥にやられてひきかけた風邪を、無理矢理なおす。
加湿は大事だなあ。加湿器をお借りする。欲しい。

気がついたらもう今年が終わりそうな時期。
なにかのまっただ中にいると、時間の感覚がおかしくなる。
[PR]

by enpou | 2007-12-18 00:36
2007年 12月 11日

光源がごろごろしているのを見る

f0016815_2424919.jpg


ホテルの近くで、室内照明の展示会をやっていたので、ふらふらと。
蛍光灯が、蛍光灯の間接照明に照らされている。この他にも同じ展示方法で、エジソン球からLEDまで、たくさんの電球が並んでいた。
ときめくぜ。

広島は大学受験以来、12年ぶり。
市電には初めて乗りました。たまらん乗り物です。京都にも走らんかな。

川べりをぼんやり歩いていたら、突然目の前に原爆ドームが現れてびっくりした。
ちゃんと、こころに何かを持って歩かないとな、と反省しながら、まわりをぐるぐる回る。日差しの暖かな夕方。
しっかりとコンクリートを打たれて縁取りされた広い川が、京都の川と比べてとても新鮮で、どこか、ぐっとくる美しさがあった。


- - -
京都サンガ、J1昇格、あっぱれです。
ここからこそが、長い道。来期は西京極に何回いけるかな?
Take Me Out To The FootBall Game..
[PR]

by enpou | 2007-12-11 02:53
2007年 12月 08日

降り積もるもの

f0016815_0482389.jpg

小倉へやってきました。暖かい。

こころに色々降り積もるものを感じながらも、それを拾い上げる余裕がなかなか持てず。
降り積もって底のほうに溜まってる部分、色が変わり始めている。


写真は新潟。泊まっていたホテルの窓から。
窓が曇らなかった唯一の日。
[PR]

by enpou | 2007-12-08 00:45
2007年 12月 03日

遠きわがまち

f0016815_2351526.jpg


今年の佐渡はずっと天気が良くて、驚くほど暖か。
そういえば、こちらに来てから手袋をしていない。

写真はなぜか京都です。
狩野永徳展を観に行った日の、川端七条あたり。

遠きわがまち。
[PR]

by enpou | 2007-12-03 00:00