眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 24日

しかく

f0016815_232194.jpg

四角い物が好きだ。
[PR]

by enpou | 2007-11-24 23:22
2007年 11月 20日

自然光と戦わない

f0016815_18152513.jpg

静物画のような。

- - -
先週は近江八幡の酒蔵で、インスタレーション&ダンスパフォーマンスの公演。
自分の英語力のなさに愕然。言ってることは分かっても、細かく返事ができないもどかしさ。

酒蔵に差し込む自然光だけで、演出的空間として完成してしまいそうな瞬間を、何度もかいま見ながら、太陽が傾くにつれ、電灯光が存在を増してゆくのを、観客とともに目撃することが出来ました。

- - -
京都はかなり寒くなってきました。昼はまだしも、夜の逃げられない寒さ。
湯たんぽを買ってしまった。なかなかいいものです。

来週から、いよいよ佐渡へ。
一ヶ月にわたる、冬の旅のはじまりです。
[PR]

by enpou | 2007-11-20 18:27
2007年 11月 15日

ピンクのディーゼルカー/口笛ブーム来襲

f0016815_1854635.jpg

ピンクのディーゼルカーが、ゆるやかに川を渡る。

その窓が跳ね返した光が、遠くの建物の壁をやさしく撫でていった。風景を読み取るかのように、じっくりとスキャンしてゆく。

もしこの水面がなかったら、光は、風景はどう変わるだろうか。
水面の反射が風景にもたらす影響を、あらためて考える。

オランダの光
すばらしい映画でした。
光や風景に関して思考する人は、ぜひ観て下さい。


- - -

口笛ブーム到来、という恐ろしい記事を読んだ。
口笛教室に、着メロならぬ着口笛まで。
着口笛は、「人に優しい音だからいい」んだそうだ。ほんまかいな!

何度かここにも書いてますが、
私は口笛の音が大の苦手なので、そんなブームが到来したら倒れてしまうかもしれません。

口笛を吹く気分の良さそうな人に、口笛嫌いをカミングアウト出来ない小心者です。
嫌いなものは少ない方がいいと思うのですが、こればっかりは自力ではなんともならんようです。
[PR]

by enpou | 2007-11-15 12:37
2007年 11月 12日

十字架のようなもの

f0016815_23473340.jpg

旅先にて、
見上げると、屋根の上に、ちいさい十字架のようなもの。
ざくざくのドアと、
映すものをみんなモノクロ写真みたいにする窓。

そう、2階にドアがあるんだ。
この街は豪雪だろうし、洪水がよく起こる街でもある。
どちらのためのドアなのか、
あるいは、別の理由なのかしら。

などと、
歩く。
[PR]

by enpou | 2007-11-12 23:54
2007年 11月 10日

緑一色

f0016815_17562320.jpg
allgreen.jpg

夢の役満。
- - -

机仕事まみれです。
パソコンがあついよう。


来週はびわこビエンナーレへ。パフォーマンス作品に参加します。
美術展示を見て来ましたが、それぞれの場所に息づいた作品作りが見応え十分でした。
若い作家さんも、実力のある人がたくさんいるなあ、と清々しい気持ちになります。
近江八幡の町並みもすばらしく、そろそろ紅葉の予感もあって、そぞろ歩きには最適です。

再来週はうちのゴッドマザーの個展です。
いいなーヴェネチア。
平日にお茶汲みなぞ、気まぐれに手伝っているかもしれません。
芸大に行かせてもらったのに絵を描かない娘さん、と言われることにも慣れて来ましたが、ならば自分は何を語れるのか、いつも結構な覚悟がいるのです。

そして再々来週からは、いざ佐渡へ。
今年はめぐる街が3つ増えました。

帰るころはクリスマス。サンタのそりをヒッチハイクして帰ってきたいところです。
[PR]

by enpou | 2007-11-10 18:15
2007年 11月 08日

防音

f0016815_094346.jpg


1年くらい前、仕事していたら、相方からメールが来た。
「うちの向かいが燃えてる」
布団屋さんだった。はす向かいなのに、家の人の安否は翌日の新聞で知った。
ひとまず胸をなでおろしたけれど、それ以降、店のシャッターがあがることは無かった。

数日前、その建物は突然、空色のシートで包まれた。
朝9時きっかりから、ごんごんと音を立てながら、端っこが焦げた建物をしゃくしゃくと砕いている。震度1くらいの地響きが伝わって来る。

昼休みには、現場のおじさんが、そこでお弁当を広げて、若手に昔の話をしていた。

ここ数日、そのさまを、なんとなく、じっと見ている。
[PR]

by enpou | 2007-11-08 00:22
2007年 11月 05日

ひと山こえて

f0016815_9503328.jpg

びっくりするような楽しさと、落とし穴のような虚無感が、紙一重の一週間だった。
やれるだけのことはやった。来年に向けての段取りも出来た。
あとは、赤勝て、白勝て、口の中でつぶやく。

(落とし穴のような虚無感とは、「それはほんとにおもしろいのか?」
と自分の心のまんなかへんに聞く時に、ほとんど吐気のようにこみあげてくるやつだ。)


ひと山こえて、つかの間のゆっくりを、と外に出たら、寒い。冬は苦手なんだ。
[PR]

by enpou | 2007-11-05 13:05