眺める/3

enpo.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 14日

hakobune

f0016815_15395552.jpg


単一の光の成分を色に分けて可視化することを、あらためて試みる。
太陽の光にプリズムを当てると、七色に分ける事ができるように、
あたりまえに満ちていた構造を分解して、空間の成り立ちをゆさぶること。
光の三原色を扱えば理屈上は自由自在かと思いきや、実践はそんなにうまくはいかないことは経験上わかっているので、光の混合について思いを巡らせる日々。使える色は3つ。
3つの混合色を選ぶまでの道のりの長かったこと。
構想期間に沖縄の島々を巡ったことはとても大きな色彩の体験でした。
宮古の碧色の海、伊良部の夕焼け、那覇に二年ぶりに現れた日暈の丸い虹。
普段は見えないけれど、たしかにそこにあるものたちの姿を見定めるには、
自分の目をプリズムのように、純度と精度をあげていかなければ、とあらためて思いました。

Irabu island,OKINAWA。





 
[PR]

by enpou | 2013-05-14 16:12


<< てくてく      反射、透過、拡散 >>